読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっきーくえすと

探究心を忘れずに日々を考えてブログ書いてきますw

将棋大会で優勝した友達に教えて貰った初心者が将棋上手くなる方法

おっす。最近将棋に少しはまってるとっきーです。

将棋って面白いですよね。同じ駒を使っているんですが人によって攻め方

守り方が全く違うんで考え方、個性がすごく出るゲームだと思います。

今回はそんな将棋をすぐに少しでも上達したい人に向けて

僕が友達から教えて貰った将棋の大切なことを書いていきたいと

思います。

 

  • 何よりまず王を守れ

王を囲うんです。最初は攻めではなく王の守りを強力に。

これで全然中盤、終盤のゲームの流れが変わってきます。

守り方はいろいろインターネットで調べれば出て来ます。

ちなみに自分は、矢倉、美濃囲い、穴熊囲いを凄い使ってますね。

これをするようになるだけでいきなり将棋強くなったっていう人が

いるくらい守りは重要なんですよ。

 

  • 相手の手を読む

すごい重要です。相手の未来の手をどう打つか分かったら

もうほぼ勝ちですね。読めるようになるにはとにかく考えることです。

「自分だったらこう打つ」とか頭で考えて先まで読むんですね。

将棋のプロはこれがすごいです。

何十て先まで読むプロもいるんだとか。

最初は3手先から読んでみましょう。徐々にステップアップです。

 

手を読むのと同じですがこれも大事ですね。

これは後何手で相手の王様が詰むことができるかを考える将棋ですね。

詰将棋のいいところは、1人でも本とか、ネットがあれば簡単に

打ててしまう所ですね。

これもまずは3手先から読めるようにしていきましょう。

戦術とかもやってるうちに身につくんで詰将棋はすごい勉強できるんですよ。

 

  • 実戦を多くする

何より一番はこれですね。実戦は1回で多くのことが学べるので

強くなる1番の近道なんですよ。

ただ打つのではなく自分の手を改善しながら打つと良いですよ。

本読んで学んだ知識や相手の使ってた戦略を使ってみたり自分はしてました。

それでだんだんと自分の戦略にしていくんですよ。

 

  • 反省会を一局毎にする

これは大事なんですよ。反省会。

「この手もあったね」とか「あの手は打たないほうが良い」とか

最初のうちは気づきが多いです。相手の知識も借りるから学びが多いんですよね。

できるなら毎回反省会やるのがオススメです。

 

 

そうですね。近道はやっぱり実戦を積み重ねていくことなんで

どんどん将棋打って強くなりましょう。

最近じゃスマホのアプリなどで気軽に将棋できるようになっているんで

上達も比較的簡単にできるでしょう。

ただ打つだけじゃダメですよ?考えながら打ってくださいね!